どこにでもあるため通いやすいというところで、コンビニでのバイトを選ぶようにする人も多いんですね。また、コンビニのバイトの利点は、二十四時間営業・年中無休ですから、自分の都合にあわせてスケジュールを組めるという点が一番の利点と言えるのです。バンドや劇団員といった一定しない仕事をしている人や、学生さん・主婦(男性が主に家事を行う場合には、主夫と呼んだりします)・サラリーマンの副業など、自分の都合に合わせて時間や曜日を選べる数少ない職業です。コンビニも暇な時には暇そうはいっても、昼時などといった忙しい時間は大変忙しく、いそがしい時間と暇な時間の差が大きいというのはみなさん口をそろえて言っているみたいです。しかし、暇な時にも仕事はちゃんとあるのですよ。繁盛時間の少し前に到着する弁当やパンなどの陳列もアルバイト(パートとの法的な区別はないらしく、あくまでも便宜上の呼び分けとなっています)お店の方のお仕事ですし、深夜など暇な時間には床のモップがけなどと言った掃除もおこなうでしょう。場合によると在庫管理(コストを抑えようと在庫を減らしすぎると、足りなくなってしまったりするでしょう)や注文を任される事もあるそうですし、さまざまあるアルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)の中でも「覚えなければならない事」が意外と、多いアルバイトといえます。冬にはおでんや肉まんなどを作らなければならないのですし、コンビニによってもソフトクリームや唐揚げなどを店舗(商店街などが廃れていく一方で、巨大な総合商業施設などが建設されることも多いですね)内で作っているところもあるのですよね。宅配便の受付や、商品のコンビニ受け渡しなど、販売以外の仕こともあるため、いろいろ覚えるのが大変だと言った声もあるのですが、割とみなさん楽しんでいるかもしれませんね。ただ、店舗(実際のお店を構えているとどうしても維持費が掛かりますが、ネットショップなどだと、コストが削減できる分、商品の価格が安かったりします)によって、予約品のノルマめいたことがあったり、ゴールデンウィークやお盆、年末年始、祝日などにも休みにくいというデメリットもあるそうですー